ki002

型紙を使った簡単コサージュの作り方

両面接着芯を使えば、端もほつれにくく張りも出て一石二鳥。

服や鞄を作ったついでに余り布でパパッと作っちゃおう!と思える程の簡単さです。

アクセサリーとしてはもちろん、カーテン飾りにしてみたり、インテリアとしてただ並べているだけでも可愛いですよ。

 

材料(直径約7cm(花部分)を1個分)

 

 生地 : 21×13cmを2枚

 両面接着芯 : 1本

 Tピン : 1本

 ビーズ : 1個

 ブローチピン : 1個

 布用ボンド : 適量

 

 

作り方

コサージュの作り方(1)ki002_01

生地1枚の裏側に、アイロンで両面接着芯を貼る。

 

 

コサージュの作り方(2)ki002_02

(1)が冷めたら両面接着芯の台紙を剥がし、もう一枚の生地を重ね、アイロンで貼り合わせる。

 

 

コサージュの作り方(3)ki002_03

型紙を生地の上に置き、太線で切り取る。中心は目打ち(竹串でもOK)で穴をあけておく。

※穴はビーズより大きくならないようにして下さい。

 

 

ki002_04

コサージュの作り方(4)

図の位置にボンドをつけ、となりの花弁を重ねて貼り合わせる。貼り合わせる面積で、花弁の開き具合が変わります。好みの開き具合にして下さい。

葉パーツも図のように貼り合わせておく。

 

コサージュの作り方(5)ki002_05

1段目から4段目までを重ねてみて、花弁の開き具合を調整する。

 

コサージュの作り方(6)

Tピンにビーズを通し、花弁の中央に通す。

 

 

コサージュの作り方(7)ki002_07

裏でTピンを曲げ、穴から1.5~2cm程度の長さにカットする。Tピンを固定するよう、葉にボンドをつけて貼り合わせる。

 

コサージュの作り方(8)

グルーガンや金属用ボンドを使って、裏にブローチピンを固定する。

縫い付けてもOKですが、ボンドが乾くと針が通りにくくなります。

 

 

おすすめクラフトレシピ

 

※このページに掲載しております縫製仕様は全て、oasisdishオリジナルです。商用利用はご遠慮下さい。