メインになる鯛の酒蒸しの作り方

昆布と切り身だけのシンプルな酒蒸しも好きですが、今回はメインのおかずになる、野菜をたっぷり使った鍋料理のような酒蒸しのレシピです。

鯛を使いましたが、もちろん鯛以外の白身魚や鶏肉、豚肉、豪華に冷凍のカニ脚でもOK。(魚以外はレシピ(1)は不要です)

少ない水分で蒸し煮にすることで、魚はふっくら。白菜はトロリと柔らかく、もやしはしっとりシャキシャキ。スープには魚と野菜の旨味がギュッと詰まっています。

ポイントは日本酒を魚だけに絡めてしまうこと。

野菜と日本酒を合わせると、野菜の苦みが気になる時がありますが、この方法なら苦みが出にくいように感じます。

 

材料(3人分)
塩(味付け用)
日本酒
アラ1尾+切り身3切れ
適量
小さじ1
大さじ2
白菜
人参
もやし
しょうが
150cc
1/6玉
1/2本
1袋
1片
ポン酢・ごまだれなど
美味しい塩
適量
適量

※鯛・野菜の量はお好みでどうぞ。

※ポン酢やごまだれなどお好みのタレにつけてお召し上がり下さい。美味しい塩がお手元にある時は、シンプルに塩だけでいただいても。

 

作り方

鯛の酒蒸しのレシピ(1)

鯛のアラはウロコをしっかりと落とし、流水で血合いを洗い流し水気をふき取る。

アラをフライパンに入る大きさに切って、切り身、アラ共に全体に塩をふり15分置いておく。

※暑い季節には冷蔵庫で15分置いて下さい。

頭は特にウロコを落としにくいですが頑張って!細かい部分はペットボトルのキャップの口を使ってウロコを落としても。

 

鯛の酒蒸しのレシピ(2)

白菜、人参は食べやすい大きさに切る。もやしは水でよく洗う。しょうがは薄切りにする。

 

 

鯛の酒蒸しのレシピ(3)

(1)を水で軽く洗い、水気をふき取ってからバットに並べる。

味付け用の塩を全体に振ってから上から酒を振りかけ、酒を絡めながら全体に馴染ませる。

 

鯛の酒蒸しのレシピ(4)

フライパンに白菜→もやし→人参→しょうがの順に敷き、水を入れる。

 

 

鯛の酒蒸しのレシピ(5)

野菜の上に鯛を並べてから蓋をする。

※鯛同士ができるだけ重ならないように広げて下さい。

 

鯛の酒蒸しのレシピ(6)

(5)を中火にかける。

 

 

鯛の酒蒸しのレシピ(7)

蒸気が上がってきたら、少し火を弱め15分蒸し煮にする。

※水分の減りが早いようなら、蒸気が出続けるギリギリまで火を少し弱めて下さい。

 

鯛の酒蒸しのレシピ(8)

全体に火が通ったら火を止め、皿に盛り付ける。フライパンのままドーンと食卓に出してもOK。

 

おすすめ料理レシピ 8件